春の季節にTシャツを着こなすために考えたいこと

程よい暖かさのある春の季節、どのようなTシャツの着方をしていますか?
今回は春の季節感に合ったオススメの着こなし方を紹介します。

・さわやかな印象を重視しよう

春といえば桜を初めとした自然や程よい気温などさわやかで明るいイメージが印象的。
そういった季節イメージに沿うことが着こなし方としては大事です。
そのためTシャツを着る場合には出来るだけ運動的で重たくないパンツスタイルや装飾を
合わせると良いでしょう。青いデニムも緑の草木に映える形で大変魅力的になります。

・暑そうな見た目は避ける

黒色であったり生地が厚かったりするアイテムはできるだけ避けましょう。
どんなに快適な着こなしができても暗いイメージや寒そうなイメージは春の季節において違和感が出てしまいがちです。
自然色にしたり薄くても暖かさを感じられるアイテムをセレクトしてファッションを作っていくことをお勧めします。

また、注意したいのは寒くない季節だからといって軽装にしすぎてしまうこと。
夏ならともかく、春の季節の服装としてはお洒落の幅を狭めてしまうことになるので
Tシャツと合わせる場合は上着などのアイテムをしっかり取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です