maruiorimono のすべての投稿

春の季節にTシャツを着こなすために考えたいこと

程よい暖かさのある春の季節、どのようなTシャツの着方をしていますか?
今回は春の季節感に合ったオススメの着こなし方を紹介します。

・さわやかな印象を重視しよう

春といえば桜を初めとした自然や程よい気温などさわやかで明るいイメージが印象的。
そういった季節イメージに沿うことが着こなし方としては大事です。
そのためTシャツを着る場合には出来るだけ運動的で重たくないパンツスタイルや装飾を
合わせると良いでしょう。青いデニムも緑の草木に映える形で大変魅力的になります。

・暑そうな見た目は避ける

黒色であったり生地が厚かったりするアイテムはできるだけ避けましょう。
どんなに快適な着こなしができても暗いイメージや寒そうなイメージは春の季節において違和感が出てしまいがちです。
自然色にしたり薄くても暖かさを感じられるアイテムをセレクトしてファッションを作っていくことをお勧めします。

また、注意したいのは寒くない季節だからといって軽装にしすぎてしまうこと。
夏ならともかく、春の季節の服装としてはお洒落の幅を狭めてしまうことになるので
Tシャツと合わせる場合は上着などのアイテムをしっかり取り入れていきましょう。

冬の季節にTシャツをお洒落に着るコツ

冬の寒い時期、皆さんはどういったTシャツの着こなし方をしていますか?
今回は冬の季節にぴったりのTシャツ着こなし術を紹介します。

・Tシャツをできるだけ見せるようなファッションの組立て方をしよう

冬は季節的に寒さが目立ちます、そのため重ね着などをしてしまい良いTシャツを着ても
その魅力が隠れがち。コートを着てしまうと全て隠れてしまうので
ファッション的にも個性が出しにくいです。

そのためTシャツをメインに見せたい場合は出来るだけコート類は避けマフラーや厚手の上着などを
合わせて暖かい服装にしていきます。
やぼったいイメージにならないように生地と色は軽さを感じるものを選ぶと良いでしょう。
寒い場合はTシャツの下に保温性のある下着を着るなどしてTシャツの魅力が出せるような工夫で
対処してみてください。

もしコートをファッションに組み込む場合は、Tシャツ部分を見せるために
ボタンの開け具合やファスナーの位置を考えた着こなし方をしてみてください。
ボタンをずらしてくだけた着こなしをするのも良いかもしれません。

この季節の注意点として、横や斜めから見た時にアンバランスな印象を与えないようにすることが
考えられます。どの方向から見てもスマートに感じられる服装を心がけたいですね。 

秋の季節にTシャツを着こなすコツを紹介します!

秋の季節にTシャツをファッションに取り入れる場合
どのように着ると効果的なんでしょうか?
お洒落に着こなすコツを紹介していきます。

・秋の色合いをイメージさせつつ寒い印象を持たせないことがお洒落に繋がる

秋はもみじの色合い、冬にむけての寒色などイメージ―カラーが多数ある季節です。
そのため夏のようなさっぱりした青色などは似合わないものの、暖色寒色を合わせるのに
適している季節といえます。

そういった理由からTシャツとTシャツ以外の部分をそれぞれオレンジなどの秋らしい色、茶色や暗めのベージュなどの冬らしい色で
分けると良いです。そうすることにより野暮ったい印象や地味な印象を避けることが出来ます。
特にマフラー等はワンポイントの色合いとして非常に使いやすいアイテムなので
マフラーを決めてからファッションを考えても良いです。
また、コートに頼らない格好をする利点として自身の他者へ印象を操作しやすくなるという事が挙げられます。
このため、秋の季節にTシャツを合わせるのは、お洒落もしやすく大変おすすめです。

女性の場合ストールなどの、全身のシルエットに影響するアイテムが組み合わせられる季節なので
アンバランスな全体像にならないように注意すると良いでしょう。
一般的には体のラインに沿うような強弱のあるシルエットが美しい形とされています。

Tシャツを夏に上手く着こなすためのコツを紹介します!

夏の季節、暑さゆえにTシャツ一枚の軽装で過ごす方をよく見かけますが
実はその際にもお洒落に見せるコツが有るってご存知でしたか?
今回は夏ならではのTシャツの着方を、項目ごとに解説していきます。

・だらしなく見せないための工夫が大切

Tシャツを夏に着る時に求めたいのはなんといっても清潔感、だらしなくないような見映えにすることが大切です。
そのためにTシャツのすそをボトムにインするかアウトにするかというのも考える必要があるでしょう。
基本的にはすそを中に入れたほうがすっきりした印象を持ちますが、
出した状態でも風でめくれてお腹が見えたりしないように丈を調整するなど工夫がしてあれば問題ありません。
些細な事ですが周囲に対するマナーにも関わる事なので意識しておきたいところです。

・日差しにあたる事を考えたTシャツ選びを

夏は日差しの強い日が多いのも特徴的です。
黒いTシャツは熱を吸収しやすいですし黄色や薄い色合いは日光で白く見えやすいため
場合によってはTシャツの魅力をアピールできないことも。
また、加えて汗をかくことを考えると汚れや水分が目立ちやすい白や灰色もできるだけ避けておいたほうが良いでしょう。
相手からどう見えるかがポイントです。